ロビンフット靴店トップ ロビンフット大船店 ロビンフット荻窪店 ロビンフット大森店
足と靴のちょっといい話 ロビンフットの良い靴の選び方 ロビンフットの足のカルテ フッティング用品 ロビンフットの靴のお手入れ ロビンフットの靴修理



私たち「靴総合技術研究所」の日本人用健康靴 「AFW」 に、 最高級タンニン鞣し革の栃木レザーを使った商品が加わりました。
 栃木レザーは
  1937年に栃木市で創業した老舗の皮革メーカー。化学製品を使わず、 ブラジル産のミモザ(アカシアの仲間)の樹皮から抽出された希少なタンニン剤を使い、 その濃淡4段階の槽に皮を順に浸け込み、延べ1カ月〜1か月半じっくり鞣す植物タンニン鞣し方法をとり、 熟練の職人達がトータルで3か月、20の工程を経て、上質な革を生産しています。
  通常の薬品を使ったクロム鞣しより、はるかに時間もコストもかかりますが、 美しくて風合いの良い丈夫な革に仕立てあげます。それが栃木レザーです。

 「鞣し(なめし)」とは
  動物の「皮」はそのままだとすぐに腐敗し、乾燥すると板のように硬くなります。 「革」として生活の様々な用途に使えるよう、樹液や薬品で加工するのを「鞣し」と言い、 鞣剤を皮に浸透させ、コラーゲン繊維と結合させます。 大昔は燻したり、噛んだり、叩いたり、油を塗ったりしていました。
  皮を鞣す方法は塩基性硫酸クロムを使う「クロム鞣し」と、 「植物タンニン鞣し」があり、効率性の高い前者が主流です。
  「クロム鞣し」の革は鞣し作業が短時間ですみ、変色や変化が少なく、 柔軟性と耐熱性もあります。
  「植物タンニン鞣し」の革は風合いが良く、時間と共に色艶が増します。 化学薬品を使わないので、環境にも優しい方法です。


 AFW 健康靴は
  私たちのNPO法人「靴総合技術研究所」が、筑波大・白木教授らの協力を得て、 日本人に合い、かつ解剖学的・医学的に秀でた中敷き「アナトミカル(解剖学的)フットベッド」を開発。 さらに独シューマッハマイスターであるア村正博氏の協力を得て、そのアナトミカルフットベッドを 装着した純国産健康靴 「AFW」と「AMS」 を開発しました。
  「外反母趾・開張足・変形性膝関節症等に関する予防効果、 改善機能」があることが、下條仁士医学博士により、臨床的に検証されています。











 afwのロゴ 栃木レザーのタグ AFW・98541T 60,480 (本体¥56,000)健康度 
カラーダークブラウン、レッド、グリーン、ネイビー、ライトブラウン
サイズ22.0〜25.5cm
素材牛革(栃木レザー)
特徴最高級の栃木レザーを使った逸品。ミモザ樹脂のベジタブルタンニン鞣しの革で、美しく丈夫。
高機能な「アナトミカルフットベッドインソール」を装備。
AFW、AMSの機能説明、他商品へ


ロビンフット靴店は、足を見させていただき、靴合わせをして、販売しております。
ロビンちゃん  足と靴のことなら何でもお気軽にご相談ください。
 営業時間10:00〜19:00 水曜定休(祝・休日は営業)、年末年始と夏季休暇あり
  「日本整形靴技術協会」会員 NPO法人「靴総合技術研究所」役員
大船店(鎌倉市) Tel 0467-42-6322  荻窪店(杉並区) Tel 03-5347-0890  大森店(大田区) Tel 03-6423-0733
ブログ instagram Facebook YouTube スマホサイト 携帯サイト TVCM リンク サイトマップ 個人情報の取り扱い等 お問い合わせ
Copyright(C) RobinFoot-shoe.All Rights Reserved. 足にやさしい靴 ロビンフット靴店