良い靴の選び方1

足の健康について

●足は全身を支配する

日本人は、欧米諸国に比べて、自分の足の健康に無関心です。外反母趾や偏平足、カカトのゆがみなど、全体の8割くらいの人が足に何らかの障害を抱えています。

そのことで靴の履き心地が悪くなっているにも関わらず「靴が合わない」と決め付けてしまい、自分の足に根本的な問題があることに、あまり目が向かないのが実情です。

靴の本場、ドイツでは、赤ちゃんの頃から足の健康診断を行っています。これは「足は全身を支配する」という考えが広く浸透しているからです。

カカトの骨がゆがんでいると、膝や腰に負担がかかり、土踏まずも形成されにくく、歩き方が変になり、からだの成長にも影響します。

皆さんは目が悪ければメガネを作りますね。足のゆがみは視力と一緒。近視や乱視の人が間違ったメガネをかけ続けると、ますます眼を悪くしてしまいます。

同様に、足のゆがみに対してきちんと対処していない靴を履き続けると、かえって足を痛めることになります。足だけででなく、膝や腰の痛みに発展する可能性もあるのです。

足のゆがみは素人目になかなか判断がつきません。足の健康に詳しい靴屋さんなどに見てもらい、今、履いている靴に問題がないか、どんな靴が自分に合うのかなど、一度アドバイスを受けると良いでしょう。

店主 小黒一夫


1.足の健康について
2.靴の選び方と正しい歩き方
3.子どもの足と靴
4.足のトラブル解消法
5.TPOによる靴の履き分け
6.軽くて柔らかい靴
7.パンプスの選び方
8.薄型オーダー中敷き
0.ホームに戻る

★大船店にTEL
★荻窪店にTEL
★大森店に電話

☆友達にこの携帯サイトをメールする
★当社PC用サイトへ(転送量大)


Copyright(C)RobinFoot Corporation.
All Rights Reserved.